オーストラリアワーホリ中に飲んだオーストラリアンビールの名前と味をつづったミニサイトです

ビール

boags draught! 苦味、コク、後味のキレ、共にバランスが良く、ホップを味わいながらじっくり飲めるし、ワイワイ飲むことも出来るオールラウンダー!





日本は低価格高品質といういい面が良すぎて高価格低品質になっている気がする



写真はシドニーのWWOOFにてセカンドビザの日数を稼いでいるときに飲みました。本当にオーストラリアのビールは種類が豊富ですね!何と無くですが、日本のビールは似たり寄ったりのテイストであんまり飲んでいても面白みがないって感じます。


日本のビール事情として、低価格、高品質という事は間違いないんですが、低価格のビールが高品質すぎて高価格のビールがそんなに高品質に感じないという残念何一面もあるって僕は個人的に思います。







かといって海外のビールはおそらく日本の酒造に関する法律が税率を除いて高いと思われます。それゆえに、製造の過程が自由なのか?はたまたホップを自国で100%まかなえる国ではないが故のコストの問題?があるのでしょうか?






それはさておき、日本のビールの長所といえば安定です。





期待はそんなさせないけど、絶対に裏切らないというのが日本人の物作りの姿勢として表れています!




海外のビールで冒険して、疲れたら日本のビールを飲みましょう!



裏切られ続けても疲れるので。



前置きはさておき、この「Boags Draught」の味を書いていきます!






オーストラリアのビールで失敗したくないならプレミアム系を選んだほうがいい。値は張るけど・・・





味・・・★★★★★(冒険しても失敗せずにちゃんと飲めて、の見ごたえもありのため)





アルコール度数 4.6%





味がしっかりしているビールの見分け方はとしては「プレミアム」という種類がキーワードと思います。基本的にお金を出せばグレードは上がるというのが単純な構造としてあって、いいものは高く、安いものはそんなによくないというのが海外です。






その変わった、日本のビールにはないいい香りがあります。そして若干、甘く、それでいてちゃんとビールとしての苦みがあり、この苦味が甘さの邪魔しないという、なんとも不思議なビールでかつ、それでいてガツンとくる美味しさと、心地のいい後味。






BBQとかのペッパーの後味とかと合うような気がします。あとはお好みのシチュエーションで楽しんでください!





何度も言いますが、日本のビールとは全然ちがっていて、味もにおいもすべたが楽しめ、かつ、日本のビールに飽きた人は冒険しても失敗しない安定があると僕個人は思います。





※あくまで黒ビールテイストの僕の舌から出した結論です。






職業訓練中に作ったサイト

このサイトを作った人です。ウェブクリーエーターの卒業課題でこのサイト作りました。目的は「自分が自分に向けたポートフォリオの為のサイト」制作実績が全く無いのでとにかく数を作る事が先決という事でこのサイトを作りました。
とにかく在宅や働き方改革の為にウェブでの勉強を始めました。良かったら見ていってください。では!

トップにもどる