オーストラリアワーホリ中に飲んだオーストラリアンビールの名前と味をつづったミニサイトです

ビール

Victoria Bitter ビクトリアビター かつてはオーストラリア一の売り上げとシェアを誇ったビール!


僕的に苦味が気に入ってるけど、現地OZの評価はイマイチなのが残念


VB(Victoria Bitter) xxxx(フォーエックス)の前のオーストラリアの人気のビールだった


メルボルンのビール。一般的にオーストラリアの酒屋にはかなり置いてあるビール。特徴的なラベルが覚えやすい。


bitterというのは僕が個人的に好む味の傾向で、やはり僕の好みには合うんです。ただオーストラリアのビール事情がこのVBを衰退させているという背景があり、それも面白いので書いていきます。





もともとは「xxxx」がオーストラリアのベストビールじゃなかった





このVBが元はオーストラリアで一番売れていたビールで、実は渡航当時、にこのVBのシェアの入れ替えが起こっていた。ぼんやりと眺めていたニュースを見ながら何と無くVBと4X(フォーエックス)の話題が取り上げられているくらいしか分からなかったあの当時。


ちょうどシドニーのwwoofのファームでセカンドビザの日数を稼いでいた時期で、ニューサウスウェールズとかクィーンズランド州では何気に大きな話題になっていた記憶があります。


これがかなり大きな事件という事は色んなバーに行きながら、酒を飲んでたおっちゃんにがみがみ言われながら気付いきました。




実は一旦製法を変えたことが仇になった




オーストラリアのビール事情として、アルコールの度数によっては酒税が変わり、その影響でオーストラリアのビールのアルコール度数は4.6%とか日本から見ると半端なパーセンテージのアルコール度数になっています。


そして5%、4.9%とか度数が上がるにつれ酒税の税率が上がるというオーストラリアの法律の問題があり、それを見越してアルコール度数だけを下げるということをした。


しかしこれがまずく、単純にまずくなっただけで(笑)それに頭にきたファンに見放され、シェアを失ったというなんとも面白いシェアの失い方をしている。日本と違う判断基準がオーストラリアで、短絡的といえばそかもしれないけど、オーストラリアの税制の問題も結構深刻な感じを見て取れます。


基本、アルコール度数と炭酸のバランスでホップとかの味のバランスが決まるのがビールのようで、アルコール度数を税金との兼ね合いでケチったらどうなるか?というのがかなり分かりました。


表上は価格を変えたくないという会社側の以降でしたが果たして・・・?




VBの個人的な感想・・・ビターというけどそんなに苦いわけでなくて、後味の余韻は好き




アルコール度数・・・4.6%

味・・・★★★★


強めのホップの苦味があります。色はちょっと暗めの金色。それでも炭酸と苦味とちょっと濃い目の味が飲み応えがあり、後味の苦味と麦の匂いは後を引くので、また飲みたくなる、そんな感じの味。


特にメルボルンあたりの人たちはVB事情に詳しい。地元の会社がゆえに機割られている。基本的に味が云々よりも、机上としてのイメージが悪く、ある種の不買行動に似た感じでOZは買っていないのか・・・という様子が伺える。



あとはOZのテイストの問題かも。




基本的に過去にやったことを度外視したとしたら個人的に好きなテイストです



おそらく日本人にでも、クラフトビールや黒ビールとかが好きな人にぼくはおすすめするような感じのビールです。おそらくアサヒスーパードライが好き!という人にはあんまり合わないテイストだと思います。


どちらかというとエビスの黒ビールが良いという人向けのテイスト。



ちょっといつもどおりのやつに飽きたからこれから新しい定番を探した意図か思っている人にはぐっと来ると思います。


そして、オーストラリアの酒税が高いということも反映してか、薄くてアルコール度数の低いビールが結構出回っています。酒税という1つの現実問題としての企業努力の方向性が間違ったという感じの失敗。


今はアルコール度数を戻したけど、xxxx(フォーエックス)とのシェア争いが続いているけどがっちりとOZの心をつかんでるのはビールだけならxxxx(フォーエックス)でしょう。


でもイメージを抜きにしたら、僕は個人的にVBとかMBなんですけどね。


僕の嗜好としては癖のあるやつを好むのであんまりあてになりませんね!


でも食わず嫌いよりかは是非試してみてほしいものです!

職業訓練中に作ったサイト

このサイトを作った人です。ウェブクリーエーターの卒業課題でこのサイト作りました。目的は「自分が自分に向けたポートフォリオの為のサイト」制作実績が全く無いのでとにかく数を作る事が先決という事でこのサイトを作りました。
とにかく在宅や働き方改革の為にウェブでの勉強を始めました。良かったら見ていってください。では!

トップにもどる