オーストラリアワーホリ中に飲んだオーストラリアンビールの名前と味をつづったミニサイトです

ビール

Coopersは日本人が冒険できる範囲のオーストラリアビールです!





「COOPERS PALE ALE」はいろいろな種類のラベルがあり、その中でも僕はグリーンのラベルのボトルが好きなのでこれを押します。





最初はよく見ると結構なんか沈殿物が瓶の底に沈んでいます。かと言って振るなんてできないしな(^_^;)とか思ったのが第一印象です。でもビールだから大丈夫!という感じで飲みました(笑)






でも一旦ボトルを開けるとビールの匂い!ホップの匂いと少しフルーツの匂いがします。ケアンズでのんだ「xxxxsummer」ほどの衝撃がまた!?なんていう警戒もしましたが、このCOOPERは違い、ちょっと作られ方がちがう。

薄いビールが多いオーストラリアの中で絶対に異彩を放っていると思われるこのCOOPERS等ビール。ラベルは赤い色との二種類を現地で見ました。





一口目がまろやかで、炭酸の刺激にビールの味が邪魔をされない優しい舌触り。そしてビールのホップの苦味といい匂いがします。炭酸がオーストラリアのビールの中でもそんなに強ういわけではないけども、ホップの苦味がTUNみたいに崩れないでちゃんと味わえます。







そしてアルコール度数は4.5%前後、ほぼ日本のビールの企画と変わらないんです。でもなんかアルコール度数の割に強い?という感じの飲みごたえ。後味は爽やかでのどごしもいいです。







なんとなくですが日本で言う、非加熱のビールっていう感じのテイストに似ているって思います。個人的に地元だから押しますが「KOEDO」みたいな感じです!(知らなかったらごめん!)

薄い喉で味わうという感じのケアンズのビールとは一味違う、ちゃんとじっくりと味わうビールって思います。ワーホリしている最中に働いていたところでBBQとかやりましたが、日本人女性は結構クーパー派、カスケード派が多い印象がありました。まぁ行った場所と、そこに集まった人たちのテイストがそうだったというだけということかもしれません。





COOPER PALE ALEは一押し!!





これは日本で言う非加熱ビールによく似た味と思います。





そしてホップが強い!結構沈殿物があるのが気になりましたが、むしろこれは気にしなくてよかったですね!(笑)これはこのビールの製法上仕方がないことで、ちゃんと大丈夫だって、ケアンズのスポーツバーのおっちゃんが教えてくれました。





僕的には





星・・・★★★★


味・・・非加熱のビールに似ている



ホップは濃い目でアロマも多めに入っているような印象。匂いも味も両方楽しめる。BBQとかの外のイベントもいいけど室内でじっくり飲みたい感じの味です





アルコール度数・・・4.5%




でも懐かしい味です。飲みながら思い出が蘇ってきますし、いつかはまたワーホリでいったところを今の自分がどう感じるのかを噛み締めながらたどってみたいとか思ってしまいます。





絶対にオーストラリアに行ったら飲んで欲しいビールですね





職業訓練中に作ったサイト

このサイトを作った人です。ウェブクリーエーターの卒業課題でこのサイト作りました。目的は「自分が自分に向けたポートフォリオの為のサイト」制作実績が全く無いのでとにかく数を作る事が先決という事でこのサイトを作りました。
とにかく在宅や働き方改革の為にウェブでの勉強を始めました。良かったら見ていってください。では!

トップにもどる